健康診断をお得に受診する割引制度


健康診断をお得に受診する裏ワザ

現在の医療は予防医療が重要とされています。難しい病気でも早期に病気を発見することによって手術して治すことができるようになったからです。会社勤めの場合には、法律で社員に健康診断を受けさせることが義務となっているため、全員が会社の負担で検査を受けられますが、自営業の場合や主婦、無職の人の場合には健康診断は自分で受けに行く必要があります。必要になる費用は9000円から13000円程度になります。これにオプションの検査項目を追加すれば、料金はさらに高くなることとなります。では、お得に健康診断を受ける裏技のようなものはないのでしょうか。現在では健康診断や人間ドックを専門に行っているクリニックがあります。このような特化したスタイルのクリニックでは料金が割安であることが多いです。さらに待ち時間が短く、結果もすぐにわかることが多いです。会社をやめてすぐの人の場合は、健康保険組合を任意継続とし、保険組合の提携病院や健診センターを利用するとお得です。保険を継続できるのは2年間ですが、その間はこれらの病院を利用することができ、5000円程度で利用できるところが多いです。

健康診断の割引制度

健康診断には医療機関のサービスとしては珍しく割引という考え方が存在しています。これは健康診断が健康保険の対象にならない医療サービスであるということも関係しており、各医療機関による自由競争が行われているのです。この中では普通に受けるよりもお得に受けることができる仕組みがいくつか用意されています。
一つは会社をターゲットにした割引で、会社単位で申し込むことでバスの出張による健康診断が実施されることがあります。この様な出張健診は総じて定価より安くなることが多く、企業の担当者には嬉しいサービスです。一方で個人の場合には冬の閑散時期に何らかのサービスを受けることができる場合があります。健康診断にはシーズンがあり、春から秋にかけて需要が多く、冬の時期は少なくなります。そのため登記については割引をすることで受診者を増やそうと言う動きがあるのです。この様な理由で値引きの制度が創設されている医療機関は沢山あります。